読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記

カルチャーが好きなだけ。

【CDレビュー】Perfume「COSMIC EXPLORER」を聞きました!!

COSMIC EXPLORER(初回限定盤A)(2CD Blu-ray)

COSMIC EXPLORER(初回限定盤A)(2CD Blu-ray)


聞きました。Perfume史上1のスケール感、まさに「壮大」という言葉が似合うアルバムだなと。「テクノポップアイドルユニット」という枕詞が全く似つかないような、テクノポップなのにオーケストラを聞いてるような感覚に陥った。
元来のPerfumeの楽曲は可愛さとカッコよさが途轍もなく上手い具合に合わさって出来ていたと思う。「ねぇ」のバキバキのサウンドに可愛らしい歌詞、なんかはその好例ではないだろうか。しかし今回のアルバム、可愛さのある曲は徹底的に可愛らしく、カッコよさの強い楽曲は徹底的にカッコよく仕上げている。その今までのアルバムとの、「近いようで決定的な変化」こそがこのアルバムの大きなポイントだと感じる。
ここからは1曲1曲をフューチャーして感想を。

①Navigate
「⊿」以降のPerfumeオリジナルアルバムの1曲目には毎回インタールード的な短めのインスト楽曲がインサートされることが通例となっている(「⊿」→「Take off」、「JPN」→「The Opening」「LEVEL3」のみインストではなく短めの歌詞が入った「Enter the Sphere」)が、歴代のそれの中でもNo.1と言っても過言ではないカッコよさ&アルバムへの期待を大きくさせるクオリティ。無機質な始まりと盛り上がりの寸前にブツ切りになるお預け感。ドギマギしてしまう。

②Cosmic Explorer
アルバムタイトル曲。まさに前述したような「オーケストラ」を聞いているような感覚になる。歌詞も少ないためか、よりその感覚を強くさせる。

③Miracle Wonder
「起こせMiracle」という歌詞をキッカケにサビに突入するのだが、所謂「音サビ」的なボーカルレスのサビ、というのはPerfumeの歴史の中でもなかったのではないだろうか。この構成、海外では普通に使われている物なのだが日本ではそこまで定着していない。このへんに3度のワールドツアーを経験したPerfumeの海外進出への本気っぷりを感じさせる。とは言うもののこの構成、実は昨年の紅白でも見かけた。三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「Summer Madness」だ。三代目実はスゲーんだなーとか納得してみたり。

④Next Stage with YOU
「ベンツ Aクラス」のCM曲としても使われてた新曲。「これからのPerfumeにもまだまだ期待してくれ」という意思を感じることが出来る歌詞が堪らない。このアルバムはまだまだ新しいステージを見せてくれる予感に溢れている。

⑤STORY
「SXSW2015」で初披露された「STORY」がついに音源化。圧倒的なカッコよさ。歌詞もソリッドに纏められて、「Perfumeのカッコよさ」の究極系。カウントダウンの後に濁流のように訪れるバッキバキのサウンド。痺れる。

FLASH(Album-mix)
これまでの流れとこの曲の後の流れが全く逆のモノ、つまり次からはPerfumeのアイコン的可愛さがかなり強いのだが、その間にこの曲が配置されることによって全く流れが気にならなくなっている。先に挙げた「ねぇ」等のような「カッコよさと可愛さ」が共存した楽曲の究極系。

⑦Sweet Refrain(Album-mix)
ここから怒涛のシングル連打コーナー。それは同時に「世間が求めるPerfume像」をこれでもかと真っ直ぐにぶち当ててくれるコーナー、でもあるといえよう。13年末、傑作「LEVEL3」から間を空けずリリースされたこの作品は、その後のドームツアーや翌年のアリーナツアーでは披露されなかった所謂「不遇の子」だったのだが、アルバム用にリミックスされたこの曲を予定されているツアーで見れることを願いたいものである。

⑧Baby Face
シングルの間に置かれた、アルバム曲。今回のアルバム曲は基本的に前半に配置されたバッキバキで可愛さ0カッコよさ100、なモノが多かったのだが、唯一可愛らしいアルバム曲。年下の彼氏を愛おしく思う女性目線の歌詞。Perfumeのメンバーが彼女、それも年上のお姉さま的彼女、なんてこの歌詞に出てくる男に嫉妬の炎を燃やしまくってる。

⑨TOKIMEKI LIGHTS(Album-mix)
シングル「STAR TRAIN」のカップリング曲が装いも新たにアルバム入り。松田聖子青い珊瑚礁」を彷彿とさせるピアノの旋律がなんとも可愛らしい。

⑩STAR TRAIN(Album-mix)
和太鼓のような音がイントロに新たに加わった「STAR TRAIN」。シングル以上の重厚さ、重みを感じられる作風に仕上がった。「いつだって今が常にスタートライン」。まさにPerfumeの今後の活動への思いを表した歌詞にひたすらドキドキしてしまう。

⑪Relax In The City
ここまでシングル収録曲はアルバム用に再MIXされたモノだったのだが、この曲と次の曲はシングルと同じアレンジで収録されている。やはりこの曲が後半の核なのではないだろうか。

⑫Pick Me Up
この曲もまた同じアレンジでの収録となっている。この曲のリアレンジには割と期待していたのだが、とはいえシングルアレンジの時点で既に圧倒的なアッパーっぷり。ライブで早く見たい!

⑬Cling Cling(Album-mix)
シングルでの中華風サウンドは鳴りを潜め、よりスピード感や鮮やかさが増した印象。

⑭Hold Your Hand
シングル「Cling Cling」のカップリング。「COSMIC EXPLORER」という壮大な作品の締めに相応しい、母性の塊のような1曲。宇宙は生命や惑星で溢れかえってる。それは言わば生命や惑星は子供で、それを内包している宇宙は母と置き換えることが出来るのではないだろうか。そんな「COSMIC EXPLORER」=この作品を通して宇宙を探検してきたメンバーが宇宙という壮大な母に触れたことで、「Hold Your Hand」という形で母性を表現しているのではないだろうか。



この作品、Perfume史の中でもかなりレベルの高い作品なのではないだろうか。ここまで壮大な作品は今までになかった。1stアルバムにして最高と名高い「GAME」にも充分匹敵する出来だと感じた。ただ、壮大過ぎる故に聞くのにそれなりの覚悟を持って聞かなければならないなというのは個人的に感じてしまった。とにかく今の邦楽の中でも圧倒的な壮大さを誇り、また「Perfumeの原点にして新機軸」という矛盾しているようだけど、でも聞いたら納得出来てしまうような作品。絶対通して聞いた方が面白い。そこもまたアルバムとしてめちゃくちゃ正しい作品になっている。オススメです。