お問い合わせに関しまして

f:id:fujimon_sas:20181025003912j:plain

当ブログ運営者へのお問い合わせ・お仕事のご依頼などはこちらからどうぞ。必要なモノに関しましてはメールでの回答という形を取らせていただきます。

尚、お仕事に関しまして、現在会社員として働いている事もあり、あくまでも私の可能な範囲でのご依頼のみお受けさせて頂く形になりますことをご了承ください。詳細は別途ご相談の上で、という形を取らせていただきます。

 

1年の振り返りと御礼

晦日なのでこの1年を振り返ってみようと思います。

 

...と言ってもまあ楽しい思い出は数える程度しかない辛〜い1年でしたね...。皆さんそうでしょうけど。特に僕のライフワークでもあるライブ・コンサートの類にほぼまったく行けなかったのはさすがに堪えたし、もっと言えばそういう場所がどんどん無くなっていく様を見てるのが辛かったです。今も現在進行形で予定されてたライブやフェスが無くなってるし、じゃあ年明けたら状況が良くなるのかっつったらむしろまたどんどん悪くなってる訳で。

 

そこに関連して言えば、2月にイベント中止要請が掛かった瞬間から国に対してイベント事業者への補償を求める署名活動をやったりもしてました。そういうことをしてることは知り合いにはほとんど誰にも相談せず、ネット上の音楽やイベント関係に理解のある人に署名してもらった。色んな考え方がある以上そういう活動を不快に思う人も居たでしょうが、結果25000筆くらい集まって、しっかり文化庁に提出しました。それ以降、僕みたいないちファンじゃなくて事業者や業界自体から補償や支援を求める声が上がったので、自分の活動はいいキッカケになったのかな?と思ったりもしてます。ご賛同、ご署名頂いた皆様、改めて本当にありがとうございました。

 

それがひと段落ついたのが初夏。梅雨はその反動で殆ど何も出来ない日々だったけど、サザンの配信ライブ見たり、友人夫婦の結婚式のVTR準備とか当日の式のアレコレとかで、ちょっとずつ元気を取り戻せた感もあり。式はスゲー感動もしたしサプライズもあったし。あ、それで禁煙もした。そう思うとやっぱ色んなターニングポイントだったな今年。

 

そして8月からちょっとしたことをキッカケにReal Soundさんとお仕事させて貰えるようになりました。現時点で10本上がってるけど、やっぱり印象深いのはポルノグラフィティのライブレポ。あれは嬉しかったです。ずっと好きなミュージシャンなので。JAPAN ONLINE FESもロッキング・オンのフェスに仕事で関われた事が夢のようという感じでした。他の記事も全部思い出深い。ライターになりたいなりたいと言ってたので今も夢のようでもあり、趣味と仕事のギャップに面食らったりもしつつ、失敗したな〜ってことも山のようにありつつ、でもやっぱりライター活動は自分の性に合ってるし、もっと稼げるようになりたい、飯食えるくらいになりたいなーとも思ってます。そのために来年も引き続き頑張るぞいという気持ちです。今後ともあたたかく見守って頂けますと幸いです。

 

そういえばギター買ったのも今年入ってすぐだでした。随分昔のことのようですが。全然上達しないけど、母親には多少形になってるだけ父親よかマシだと言われたりしました。右手はともかく左手が課題だなと。2021年は指を長くする方法を編み出したい。

 

2020年を全否定出来ないのはライター仕事然り、友人の結婚式然り、旅行然り、仲違いした友人との再会だったり、良かった思い出や出来事は本当に心から良かったと思ってるからで。世間的にも特別な1年だったけど、自分にとっても色んな意味で特別な経験ばかりの1年だったなという感じ。

 

とはいえ来年はもう少し良い年になってくれとやっぱり思ってしまうねぇ。コロナがとっとと収束して、以前のようになんの気兼ねもなくライブに出かけて、酒場でバカ騒ぎして、旅行に行ける、そういう社会に戻ってくれと願うばかり。あと来年はもっと自分の夢に向けて今年以上に躍進したい。

 

改めてまして、今年も1年本当にありがとうございました。2021年が皆様にとって素敵で健やかな年になることをお祈りしております。そして、来年もどうかふじもとをよろしくお願い致します!

 

あ、毎年恒例のベストソング2020は年明けに公開します!

【お知らせ】Real Soundにポルノグラフィティ配信ライヴについてのレポートが掲載されました!

https://realsound.jp/2020/12/post-670986.html

先日ポルノグラフィティが開催した配信ライヴ「CYBERロマンスポルノ'20 ~REUNION~」について、僕の書いたレポートが掲載されました!

僕が小学生の頃からずっと聞き続けているポルノグラフィティ。そんな彼らのライヴについて、お仕事としてレポートが書けたことがたまらなく嬉しいです!デビュー21年を迎えてもなお、新しい表情を見せ続けてくれるポルノグラフィティらしさ満載の配信ライヴ。そんな彼らの魅力を零さずに、そしてずっと彼らを追ってきた僕らしさも混ぜ込んだレポートになったのではないかと思っています。

ぜひご一読ください!

【お知らせ】Real Soundに「FNS歌謡祭 第1夜」のコラボパフォーマンスについての記事が掲載されました!

Real Soundに12月2日放送の「FNS歌謡祭 第1夜」で披露される各コラボレーションの見どころについて執筆した記事が掲載されました!

子供の頃から見ていた「FNS歌謡祭」、この番組ならではのコラボレーションについて書くことが出来て光栄です。

是非ご一読くださいー!!

【お知らせ】Real Soundに「JAPAN ONLINE FESTIVAL」のレポートコラムが掲載されました

先日開催された「JAPAN ONLINE FESTIVAL」のレポートコラムがReal Soundに掲載されました。

オンラインイベントの未来を予感させる新しい形のフェスでした。

ぜひご一読ください!

【お知らせ】Real SoundにヤバイTシャツ屋さん、打首獄門同好会、岡崎体育らのコラムが掲載されました

realsound.jp

ブログでのお知らせが遅くなりましたが、ヤバイTシャツ屋さん打首獄門同好会岡崎体育らの2020年の「楽曲以外」の活動展開に迫るコラムが掲載されました。

ぜひご一読ください!

赤い公園に捧ぐ

赤い公園はどこまでもポップで、その癖変態チックな音楽を鳴らすバンドだ。

代表曲「NOW ON AIR」は、イントロの1音目から鼓膜を吹っ飛ばすかのような轟音が響く。ギターは歪んでいるし、音が多すぎて驚く。オルタナティヴだな、と一瞬思ったりすると、それも違うことに気が付く。キーボードが跳ね、力強いボーカルを爽やかなコーラスが支え、オルタナティヴと呼ぶにはどうしよもなくキャッチーなのだ。聴く者は皆、その変態性にのめりこんでしまう。

続きを読む

【お知らせ】リアルサウンドブックに浅野いにおと時代性についての作家論が掲載されました!

漫画家、浅野いにおについて「時代性」という切り口から論じた作家論がリアルサウンドブックに掲載されました。

人生で最も影響を受けたマンガ「おやすみプンプン」を中心に原稿が書けて幸せです。

ぜひご一読ください!