お問い合わせに関しまして

f:id:fujimon_sas:20181025003912j:plain

当ブログ運営者へのお問い合わせ・お仕事のご依頼などはこちらからどうぞ。必要なモノに関しましてはメールでの回答という形を取らせていただきます。

尚、お仕事に関しまして、現在会社員として働いている事もあり、あくまでも私の可能な範囲でのご依頼のみお受けさせて頂く形になりますことをご了承ください。詳細は別途ご相談の上で、という形を取らせていただきます。

 

10年代の曲を10曲選んで10年代音楽シーンについて本気出して考えてみた

     f:id:fujimon_sas:20191102182253p:plain

もうすぐ2020年。平成と共に10年代は終わり、我々は令和と共に20年代という新しい時を迎えようとしている。

僕は20年代を迎える前に、10年代の音楽シーンの総括をしようと考えた。そこでまずは、先日から参加しているnoteの共同運営マガジンで、10年代音楽シーン年表を疑似的に作成した。

この年表はあくまでも助走。今回はこの年表を踏まえて、10年代の音楽シーンを語る上で僕が重要だと感じる10曲を選び、10の章からそれらの楽曲のシーンにおける意義を考えようと思う。

続きを読む

吉澤嘉代子「お茶会ツアー 2019」ファイナル 岐阜Club-G公演を見た!

f:id:fujimon_sas:20191112224955j:image

吉澤嘉代子が定期的に開催している「お茶会ツアー」。

普段は演劇を交えた構成のライブを行っている吉澤嘉代子が、お客さんと近い距離で触れ合うことをテーマとして行われるこのツアーが2年振りに開催され、僕は三重、岐阜の2公演に参加した。

上記のnote記事を読んでいただければ分かっていただけると思うが、元々ツアーの中盤で開催される予定だった岐阜公演は台風19号の影響で延期となり、実質的なファイナル公演となった。この記事ではそんな岐阜公演をレポートしたいと思う。

続きを読む

未来への虹が架かった夜 ~NANA-IRO ELECTRIC TOUR 2019 愛知公演を見て~【ネタバレ無】

f:id:fujimon_sas:20191028003010j:image

ASIAN KUNG-FU GENERATIONSTRAIGHTENER、そしてELLEGARDENという、00年代邦楽ロックシーンを支え、盛り上げた3バンドが15年振りに邂逅する「NANA-IRO ELECTRIC TOUR 2019」。開催の知らせはバンドファンだけでなく、全てのロック好きを歓喜させた。当然、ライブチケットは超がつくほどの大激戦。参加したくともそれが叶わないファンの方も多かったと聞く。

そんな中で愛知公演に参加することが出来た僕が目にしたものは、タダの同窓会ではない、彼らの未来への一歩だった。

続きを読む