お問い合わせに関しまして

f:id:fujimon_sas:20181025003912j:plain

当ブログ運営者へのお問い合わせ・お仕事のご依頼などはこちらからどうぞ。必要なモノに関しましてはメールでの回答という形を取らせていただきます。

尚、お仕事に関しまして、現在会社員として働いている事もあり、あくまでも私の可能な範囲でのご依頼のみお受けさせて頂く形になりますことをご了承ください。詳細は別途ご相談の上で、という形を取らせていただきます。

 

【ネタバレ無】星野源 DOME TOUR 2019 「POP VIRUS」をナゴヤドームで観た。

f:id:fujimon_sas:20190217203914j:image

スゴいライブだった。

そりゃあ、2018年最後にして最高の名盤となった「POP VIRUS」を引っさげたツアーなのだから、良くない訳が無い。のだけど、それにしたって良かった。

続きを読む

「音楽文」受賞のご報告。

僕の作品「サザンオールスターズは伝説なんかじゃない。」が、「音楽文 powered by rockin'on.com」にて月間賞 入賞を受賞しました。

ongakubun.com

ongakubun.com

続きを読む

【CDレビュー】Base Ball Bear「ポラリス」に聞いた「新しい3人だけの音」とは?

f:id:fujimon_sas:20190203211016j:plain

Base Ball Bearが1月30日に新EP「ポラリス」をリリースした。

作品をリリースする度、その作品が自身の転換期となる、つまりいつだって変化を続けてきたBase Ball Bear。今回も又、バンドの体質が大きく変化した1作となった。

続きを読む

【CDレビュー】星野源「POP VIRUS」感想 ~ポップスの無限の可能性を考える。

f:id:fujimon_sas:20190122203648j:plain

今さらシリーズ。今回は星野源「POP VIRUS」についてです。

続きを読む

【CDレビュー】吉澤嘉代子が教えてくれた「言葉の奥深さ」 ~4th アルバム「女優姉妹」の女性の「性(せい)」と「性(さが)」を読み解く

今頃吉澤嘉代子「女優姉妹」レビューです。11月には書いていたんですけど、訳アリでUpしてませんでした。よろしくお願いします。

f:id:fujimon_sas:20190119220604j:plain

普段僕たちが何気なく使っている「言葉」の奥は深い。
人を喜ばせることも、悲しませることも、笑顔にすることも、泣かせてしまうことも、「言葉」の使い方ひとつでいとも簡単に出来てしまう。「言葉」は人を癒す薬にも、人を刺し殺す残酷なナイフにもなる。

シンガーソングライター、吉澤嘉代子。彼女が紡ぐ言葉もまた、深い。聴く者、或いは読む者を深い深い物語世界へと誘う。聞き手、読み手はその不条理な物語世界に笑顔にもなるし、首が取れそうなくらい頷く程に共感してしまうし、美しい言葉の羅列に涙してしまう。

2018年11月7日、彼女がリリースした4th アルバム「女優姉妹」。この作品は「女性の『性(せい)』と『性(さが)』」というふたつのテーマによって作られている。

続きを読む

2019年ブレイク必至!NakamuraEmiの力強いHIPHOPは日本を救う。

あけましておめでとうございます!遅せぇ!本年も本サイト「Hello,CULTURE」をよろしくお願いします!今年は今まで以上に沢山のことをしたいと思ってます。頑張ります!

さてさて、やはり年明け一発目、音楽を主としてる当ブログとしては今年のヒット予想なんてものをしてみたいものでして。思えば昨年はたくさんのミュージシャンがブレイクした年でしたね。あいみょん、米津玄師、Official髭男dism、再ブレイクとしてのDA PUMP。バンド界隈でいえばもうKing Gnuなんてのは殆どブレイクしてるようなものですし、sumikaも昨年大きくブレイクしたバンドでしょう。挙げていけばもっと挙がりそうな程、ブレイクの基準をどこに置くか次第でもありますが、とはいえやはり昨年はブレイクミュージシャンが豊作な年でした。やっぱり若いミュージシャンが世間に浸透していくのを見ると嬉しいし、それが自分の好きなものだったり、自分が良いな!と思ってる人達だと益々嬉しいものです。

今年もそんなミュージシャンが出てくる事を祈って、僭越ながらふじもと的2019年ブレイク必至なミュージシャンをご紹介。

その名はNakamuraEmi!!

f:id:fujimon_sas:20190114212008j:image

続きを読む