Hello,CULTURE.

カルチャーが、好きなだけ。

【祝UUUM所属】YouTuber・東海オンエアが面白い!!男6人の「楽しさ」の追求とは!

f:id:fujimon_sas:20171120023900j:image

YouTuberってどんなイメージを持ってますか?

世間のYouTuberに対するイメージって、なにかと悪い物が最近大きくなっている気がするんですよね。ヒ○ル氏のVALU問題とか、チョ○スモの暴力沙汰とか。詳しくない人はGoogle検索。

でも、それだけでYouTuberというものを判断されてしまうと少し残念というか。元SMAPの3人がAbemaTVで行った「72時間ホンネテレビ」に代表されるように、今後は益々「インターネットコンテンツ」がどんどん大きくなっていくと思うんです。特にYouTuberなんかはこれからもっと面白くなる業界なのは間違いない。

そんな中で今日は僕が1番推したいYouTuberを紹介しようと思います。

名前は東海オンエア
f:id:fujimon_sas:20171120122437j:image

f:id:fujimon_sas:20171120122359j:image

愛知県岡崎市在住、中学高校の同級生を中心に結成された彼らは、今やチャンネル登録者数(いわゆるファンの数)は240万人、日本でも8番目の登録者数を持つ、まさに「トップ・オブ・トップ YouTuber」。

では、彼らの魅力とは一体何なのか。今回の記事では彼らの魅力について語れたらと思います。

まずは6人のメンバーについて紹介。

f:id:fujimon_sas:20171120161715j:plain

このオレンジ色の髪が特徴的な彼がリーダーの「てつや」

f:id:fujimon_sas:20171120161731j:plain

今は妻子持ち、東海オンエアの主砲「しばゆー」

f:id:fujimon_sas:20171120161757j:plain

歌手活動も行っている、最近はポンコツキャラが定着しつつある「としみつ」

f:id:fujimon_sas:20171120161813j:plain

東海オンエアのイケメン担当、高身長の「りょう」

f:id:fujimon_sas:20171120161830j:plain

東海オンエアの頭脳。元小学校教師の「虫眼鏡」

f:id:fujimon_sas:20171120161848j:plain

別の仕事をしながら東海オンエアに参加する、ここぞ!という時にホームランをキメる「ゆめまる」

以上6人から構成されるのが東海オンエアというグループなのです。

彼らの基本理念は「楽しいことをしていたい」ということ。これは彼らに関わらず、YouTube業界の理念でもありますよね。

 

www.youtube.com

で、学生時代の同級生、それも男6人で集まって好きなことしだしたら大体「おふざけ」な感覚になっていくと思うんですけど、東海オンエアは「真面目に全力でふざける」のが大きな特徴。

たとえばこんな動画。

www.youtube.com

6人全員でのモノマネ大会。クオリティもさながら、6人のこの空気感、スゴクいい意味で学生ノリというか。

でも、それだけではトップYouTuberにはなれない。これを基盤に様々なコトをしていくのが彼らの魅力。

たとえばこんな動画。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

奇跡のようなキッカケから始まった、メンバーの「チン行」現場を取り押さえる3話に渡るシリーズ動画。やっぱりいい意味で学生ノリなんですけど、こういう奇跡が起きるからこそ面白いというか。

www.youtube.com

この動画が個人的にはトップクラスでおススメ。映画の宣伝とかで、「ラスト5分の展開を見逃すな!」みたいな、いやそれ言っちゃったらサプライズとか裏切りとか予想外の展開にならねぇじゃん!!みたいな予告あるじゃないですか。そういうの僕あんまり好きじゃないんですけど。でもこの動画は最後の予想外の展開がヤバイです。ホント分かってても何回見ても笑ってしまう。

あとはやっぱりYouTuberって如何にして「普段生活していて思いつくけど実行できない疑問を動画で解消するか」みたいな所があるんですけど。「〇〇説」とか「~やってみた」とか。1000度の鉄球とかメントスコーラとかがYouTube上で一時期流行したのはそれがひとつの理由だと思っているんですけど。東海オンエアは他の人たちがやらないようなソレをやり続けているのが面白いんですよね。

www.youtube.com

水で作るおもちゃを水以外の液体で作ったらどうなるのか、って結構いろんな人が思いつくんですけど、それを実行には移さないんですよね。それを実際彼らがどうなるのか検証した動画なんですけど、事態は思わぬ方向へ...ってとにかく見て欲しいですね!この衝撃、この面白さは見ないことには分からない。

あとはこの動画。

www.youtube.com

もうね、ここまで挙げてきた動画でも分かると思うんですけど、決して上品なタイプのYouTuberではないんですよ。だいぶ下品なんですよ。でもそれが彼ららしいというか、男子(男性じゃなくて男子)6人で面白いことやりたい!っていう彼らの理念みたいなものに繋がってるんじゃないでしょうか。噛みかけのガムをケツの穴にぶち込んで指つっこんで何か当てようとしてたら笑っちゃってケツからガム出てくるって、起こってる事象を書いてるだけなのに意味分からないでしょ?そういういい意味でなんとも言えない面白さがあるんですよね。

www.youtube.com

www.youtube.com

これなんかもいいですよね。自分のBMWこんなことする人居ますか?車好きにはめちゃくちゃ非難されそうだけど、あくまでも面白への貪欲さ故に出来ることというか。これこそ「僕らには出来ない、彼らだからこそ出来る芸当」ですよね。

ところで、有名どころのYouTuberは「サブチャンネル」というものを作ります。ヒカキンなんかはチャンネルを4つ持っていて、その合計登録者数が日本一なんですよね。で、東海オンエアもその例に漏れずサブチャンネルを持っているんけど、そちらはより彼らの関係性を楽しめる作りになっているというか。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

東海オンエアのサブチャンネル恒例の「晩御飯じゃんけん」。それぞれが食べたいものを発表、じゃんけんで勝った人のご飯を全員が絶対に食べなければならないというシリーズ。こういうことにめちゃめちゃ真剣になるの、スゴク学生時代を思い出して楽しいんですよね。

後はコレ。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

メンバーがメンバーにいたずらを仕掛ける「いたずらシリーズ」。仕掛けられた側は犯人を推理→当てられたら犯人は土下座、外したら仕掛けられた側が間違えた相手に土下座するという、ある種のお遊びのようなシリーズ。お互いの関係がフラットだからこそ成立する企画ですよね。仲が良いからこそというか。こういう感覚で仕事が出来るのはホントに羨ましい。

そんな彼らですが、つい先日大きな発表をしました。

www.youtube.com

YouTuber業界はこれから大きく伸びる分野ということもあり、既に様々な「事務所」が立ち上がっている状態にあります。その中でも一番大きな事務所である「UUUM」に彼らが所属していることが発表されました。元々GENESIS ONEという事務所に所属していたのですが、春先に「卒業」を発表。

www.youtube.com

そしてつい先日UUUMへの所属が発表されました。UUUMは比較的クリーンなイメージのある事務所ということもあり、一部のファンからは不安視する声も囁かれたのですが、UUUM所属が発表になった上の動画のラストには、今までどおりの、いや、今まで以上に過激な彼らの姿がありました。なんだよTIN☆TINって。アホかいな。

UUUMに所属したことで、彼らの活動は益々面白いものになっていくのではないでしょうか。今回挙げた動画は本当に氷山の一角です。掘り起こせば掘り起こす程面白い彼ら、そしてこれから飛躍を遂げる彼らの「楽しさを追求し続ける姿」、そしてその活躍を刮目せよ!!!!

www.youtube.com