Hello,CULTURE.

カルチャーが、好きなだけ。

弓木英梨乃というギタリスト

f:id:fujimon_sas:20170808010214j:image

あなたは弓木英梨乃というギタリストをご存知だろうか?知らないならば是非知って欲しい。今後の日本音楽業界を担うかもしれないギタリストを。

まずは簡単な彼女のプロフィールを。09年にシンガーソングライターとしてデビュー。近年では相川七瀬秦基博土岐麻子Base Ball Bearのサポートギタリストや、KIRINJIのメンバーとして活動している。

まずはこの動画をご覧頂こう。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

邦楽の名曲を様々な形でギターアレンジする「Yumiki's GuitArrange Studio」。アレンジの巧みさもさることながら、やはり注目するべきはギターだろう。正直、筆者は特段ギターの知識もないので曖昧な話になってしまうのだが、「ギターらしくない音」から「ギターらしい音」まですべてこなせてしまうのが彼女の大きな特徴と言えるのではないだろうか。「PONPONPON」では浮遊感のあるサウンドからキレのあるカッティングを、「シーソーゲーム」ではピアノの旋律のようなリズムを、「Dragon Night」ではまるでメタルのようなうねりのあるサウンドを、「Follow Me」ではビートルズのようなポップロックらしい王道なギターサウンドを、すべてしっかりと弾ききってしまうのこそ、彼女が様々なミュージシャンから求められる理由なのではないだろうか。

そのオールマイティな技術は、動画だけでなく実際のライブ演奏にも勿論色濃く反映されている。こんな記事を書いておいて本当に忍びないのだが、私は弓木さんのライブパフォーマスを計3回しか見ていない。それもBase Ball Bearのライブでのみだ。けれど、これが本当に良かった。

Base Ball Bearのギターは様々な音を鳴らさなければならない。ストレートなギターサウンドから打ち込みのような音まで実に様々なサウンドが求められる。音だけを変えるのであればエフェクターを使えばいいじゃないかと思われるだろうが、例えば打ち込みのようなサウンドにしたいならば機械のように正確なリズムが求められる。ストレートなギターサウンドであればあるほど、小手先ではない技術が必要になる。それらをすべて完璧とすら言いたくなるほど巧みにこなしてしまうのが弓木英梨乃の弓木英梨乃たる由縁だろう。

Base Ball Bearのボーカル、小出祐介は彼女をこんな風に形容した。

「弓木さんは女性版KenKenだ」

良いソースが見つからなかったので僕の記憶頼りになってしまうところがあるのだが、ハッキリとこの言葉を放ったのはよく覚えている。KenKenとはDragon Ash、そしてRIZEのベーシスト。長髪を振り乱しながら鬼の形相でベースを弾く姿が印象的な彼だが、弓木さんが女版KenKenだと...?

f:id:fujimon_sas:20170808171354j:plain

f:id:fujimon_sas:20170808171437j:plain

なんていうか、KenKenは鬼って感じで弓木さんは愛くるしさがあって全然違うじゃないか!と言いたくもなる。が、実際にライブを見て分かったのだけれど、本当にギターを弾いている時の弓木英梨乃はホントに鬼のような形相をしている。

f:id:fujimon_sas:20170808171903j:plain

個人的に弓木さんのベストプレイを挙げるとしたら(3回しか行ってない奴が何を言っているんだという話だが)「海になりたい Part.2」のギターソロは本当に凄かった。2分近くギターソロを引き続ける彼女の姿に本当に僕は鳥肌が立ったことを覚えている。その姿はもう何かが乗り移っているとしか思えないほどに、狂気的でしかし、むちゃくちゃカッコよかった。

先日、彼女は27歳の誕生日を迎えた。まだまだ彼女の音楽人生は長い。これから先、もっと様々なミュージシャンのサポートをして、日本を代表するようなギタリストになってほしいと願う。

最後に、「けいおん!」の「GO!GO!MANIAC」を彼女が弾く映像をご覧頂こう。

www.youtube.com

いやほんと凄いな・・・

 

ネオ(初回限定盤)(DVD付)

ネオ(初回限定盤)(DVD付)