雑記

カルチャーが好きなだけ。

【過去記事再掲】サザンオールスターズ 「おいしい葡萄の旅」追加公演 日本武道館2日目【ライブレポ】

参加してきました。
ロックの聖地である日本武道館で、「おいしい葡萄の旅」の終わりを見ることができる...素晴らしいなんてもんじゃなかった。

f:id:fujimon_sas:20151103194308j:image

曲目自体は基本的に変更はなかったものの、お客さんも含んだ熱量やMC、そして日本武道館で初めてライブを行った「The Beatles」への敬意を払って演奏された「Help!」...とてもグッと来るものが確かにあった。


セットリストを基に今回の武道館公演、そして改めて名古屋公演も含んだ感想を書いてみる。

2.ミス・ブランニューディ

1曲目が素晴らしいのなんの。誰も予想できないチョイスだし、今回はアルバムツアーでその世界観とは一見すると合わなさそうな曲だけど(全英詞)妙にあの和の世界観ともピッタリ一致するから驚き。先日のラジオで「『YOU』とどちらにするか悩んだ」という旨の発言がされていたが、正直全然こっちで正解ですよ!といった感じ。
2曲目、3曲目はいつものサザンといった感じ。このツアーでは割と意外性の低いチョイス。ロックンロール・スーパーマンに至ってはどんだけこの曲好きなんだよと驚かされるけど、まあ実際盛り上がるからなぁ。武道館は割と会場が小さいもんだから1番遠いスタンドの人までちゃんと見える。その結果サビで腕を振る時に「何かの動物の体内のなにかの器官みたいだな」とか変な事を思ってしまった。

MC
4.青春番外地
5.イヤなことだらけの世の中で
6.バラ色の人生
7.Missing Persons
8.平和の鐘が鳴る
9.彼氏になりたくて
10.はっぴぃえんど
11.黄昏のビギン~天井棧敷の怪人
12.ワイングラスに消えた恋

アルバム「葡萄」からのコーナー。ツアーの特性上やむを得ないのだけど、ここが一番意外性の低いコーナーだった気がする。
全て新曲なのに既にしっかりとモノにしてる辺り素晴らしい。「バラ色の人生」「はっぴぃえんど」「平和の鐘が鳴る」辺りは是非これからも歌って欲しい曲。
数日前に平和式典を行っていて、すぐそばには靖国神社がある武道館で聞く「平和の鐘が鳴る」は名古屋で聞いたのとはまた違った感情を抱いたし、やっぱり平和でLOVE&PEACEが1番だよなと思わせた。平和じゃなきゃこうやってライブを見る事も聞くことも出来ない。
「ワイングラスに消えた恋」でのマダム・ゆうこりんこと原さんのダンスと歌は素晴らしい。センターで歌う原さんとなんともレアでこういういい期待の裏切り方をされるとたまらない。

MC(武道館のみ「Help!(The Beatles)演奏)
13.よどみ萎え、枯れて舞え
14.顔
15.Happy Birthday
16.死体置き場でロマンスを
17.Computer Children
     Oh!FRESH!ドクダミ・スパークのテーマ~

武道館のHelp!には驚いた。1番バンド然としてたというか、桑田さん本人も「こういうのが1番楽しかったりね~」と仰っていたりしたから、まあ本音だろうなぁと思ったり。実際イキイキしてたよなぁ。ホントメチャメチャ才能あるのにそういうとこただの音楽好きなオジサンだよなぁと思う。
ここの昔の曲コーナー、KAMAKURAからの選曲が多すぎてもっと綺麗とかあの辺からのチョイスもして欲しかったなと思う反面、やっぱりあのアルバムが世間の評価としても、桑田さん本人の評価としても1番なのかなぁとか色々考えさせられた。実際盛り上がるんだよなぁ。「顔」も「死体置き場~」も「コンチル」も、しっかりと今のアレンジになってて、CD音源以上に古さを感じない。「Happy Birthday」なんかflumpoolあたりが新曲として出したら「おっいい曲作ったねぇ」って全然納得出来るというか、それくらい古さを感じない。
ドクダミ・スパークやるのは全く想像してなかったww 12年の時を経てしっかりとCMになったのはめちゃ感動。この選曲の意図を是非聞きたいw

19.あなただけを~Summer Heartbreak~

このツアー唯一の「夏」サザンを楽しめるコーナー。しかも「あなただけを」とかほんと何年ぶりにやったんだ...w 

でもこの選曲、意図としては「夏」ではなく「失恋」だと思うのね。そういう点では比較的ダークなこのセットリストとも合った選曲だなと。

今回のツアーはホントに世間のイメージとは全く別の顔を見れる良いツアーだったと思う。

MC
21.おいしいね~傑作物語
22.Soul Bomber(21世紀の精神破壊魔)
23.01 MESSENGER~電子狂の唄~
24.ブリブリボーダーライン

セットリストの話からの「いらないコーナー」。このいらないコーナーが1番好きなんだがなぁ。名古屋で「おいしいね」を聞いた時は流石にぶっ飛んだ。マジで曲中固まってた。何より01MESSENGERとか最高でしょ。最高以外の言葉が見つからないのだけども。01MESSENGERで周りもあんまりテンション上がってないのとかマジで何でだと声を大にして言いたい。

25.道
26.栄光の男
27.東京VICTORY
29.マチルダBABY
31.BODY SPECIALⅡ
32.マンピーのG☆SPOT

東京VICTORY以降は最早説明不要の煽りっぷり。流石に体力的な問題もあるのか間が多いし長いなぁという感じは否めないのだけど、それでも東京VICTORYのライト点灯とか、マチルダの特効とか、ボディスペのスタンドアリーナ煽りとか、エロティカマンピーのダンサーとか、全部が盛り上がる要因になってて素晴らしい。朋美ちゃん可愛いしエロい。

Enc.
36.蛍

正直武道館くらいはアンコール1曲目変更くらいして欲しかったな...。Help!やってるからあんまり大きな声では言えないけど。
ピースとハイライトはやっぱり普遍的な平和を願う歌。それ以上でも以下でも無い。

みんなのうた前の「あの日から~」は、最初に披露した08年の日産、13年のスタジアムツアーと進化してるけど、今回のこれは完全に今までと別物に聞こえるというか、今回の武道館公演で気付いたんだけど、ただのファンとの暫しの別れを歌う曲から、平和と先人たちを弔う歌になってる気がする。命の重さとか、戦後70年とか、そう言う事を歌う歌に見事に変化してる気がするんだよなぁ。

蛍、ライト演出があるとやっぱり違うね。紫色のライトってのも素晴らしい。


最後の最後、いつもならメンバー、サポメン、ダンサーの紹介で終わるところを、今回は全スタッフの紹介と感謝を述べててどんだけこの人は謙虚で思いやりがあるんだと驚かされた。もっと普通ならこう、人気や地位に胡座をかいてもいいくらいなのにな。


ホントに素晴らしいツアーだった。特に武道館公演はやっぱり別格だったなぁ。お客さん含む熱量がやっぱりスゴかった。チケット1人1枚のパワーは伊達じゃないな。是非これからも人気公演はやって欲しい。