Hello,CULTURE.

カルチャーが、好きなだけ。

Base Ball Bear「二十九歳」と「普通」の正体

 はじめに

これから読んでいただく記事は当ブログ「私の好きな音楽〜Base Ball Bear編〜」及び「「呪い(のろい)」と「呪い(まじない)」【Base Ball Bear「二十九歳」】」を「rockin'on presents 第3回 音楽文 ONGAKU-BUN 大賞」への応募用に再編集したものです。結果は落選となりましたが、この「音楽に関する文章の執筆」を通して「自分の在り方」をも考えることが出来ました。上記事を読まれた方は繰り返しになってしまうかもしれませんが、よければお付き合いください。

f:id:fujimon_sas:20160602151900j:plain

続きを読む

書店員ふじもとが選ぶ個人的ベストコミック2016  

タイトルの通りです。2月も半ばで今さら2016年の振り返りをする時点でお察しではありますが、たまには音楽だけではなく漫画についても語ってみたいなと思います。

選考のルールとして、初巻(1巻)が2016年内に発行されたもののみ選びました。明確な順位があるわけではなく、出てくる順番は基本的に気分です。

続きを読む

「やんごとなき世界」打首獄門同好会 ~変化する音、回り続ける生活~

 打首獄門同好会は一貫して「生活密着型ラウドロック」という独自の音楽を鳴らし続けてきたバンドである。代表曲「日本の米は世界一」では日本人の米への愛を、「フローネル」では睡眠と風呂への愛を、「88」では四国八十八か所巡りを通して「水曜どうでしょう」への愛を歌ってきたバンドである。立ち止まることなく過ぎ続ける日々という名の生活、そしてその生活に否応なく根付く愛を、ラウドロックというハードロックでもヘヴィメタルでもない日本ならではのサウンドに乗せる。それこそが彼らの提唱する「生活密着型ラウドロック」である。

続きを読む

キングコング西野さんの「絵本無料公開」は日本中の書店を潰す

f:id:fujimon_sas:20170123021050j:image

 キングコング西野さん。お笑い芸人という肩書を捨てて、今は絵本作家として働きつつも色々な活動で人々を驚かせ続けてる「スーパー作家さん」です。

えんとつ町のプペル

えんとつ町のプペル

 

彼の描いた「えんとつ町のプペル」は23万部の大ヒット。絵本でこの売上は相当のヒットです。間違いなく近年でも「大ヒット」の部類に入るような作品です。私はとある地方にあるそれなりに大きな書店で働いています。私の働く店にも「えんとつ町のプペル」は沢山入荷しました。平積みにしてレジの前に置いておく程度には、沢山売れると期待して入荷しているのでしょう。

続きを読む

とある大学生が青春系映像作品を作ったから見てほしいって話

www.youtube.com

 

僕はメディア系の学部を専攻していて、とりわけ映像について学ぶ機会がこの一年は沢山ありました。今回はその集大成ということで、2か月ほどかけて撮影と編集をしました。

愛知県にある蒲郡という街が舞台。一人の男の子の青春時代を通して、「それぞれの青春の形」があることの素晴らしさ、「青春」という季節が持つ瞬間性、なにより「青春時代を悔いなく過ごしてほしい」という願いを表現しました。1分半という短い作品ですが、よかったら見てください。そして感想が聞けたらこんなに素敵なことはありません。こちらのTwitterアカウントまで是非どうぞ。

twitter.com

ちなみに主演は僕自身ではありません。僕は主にディレクターとして動きました。

あ、あとBase Ball Bearの数多のPVやその他にも僕の好きなカルチャーから色々アイディアやネタを持ってきてるのでそれを見つけるのも面白い...かも。

大雪とココアと栞のテーマ

f:id:fujimon_sas:20170117140643j:image

 Twitterだったり、ブログでも何度か書いた話にはなるのですが、折角の機会なので改めてキチンと書き留めておきたくて講義中にコソコソ書いています。ちょっとした思い出話です。青春時代の青春時代らしい良い思い出が少ない僕にとって、唯一と言っていいくらい甘酸っぱい思い出の話です。よければお付き合い下さい。

続きを読む

#ベストアルバム2016

2016年も残り僅か。2016年邦楽の総決算として、前回のベストソング2016に引き続き、ベストアルバム2016を発表します。

続きを読む
広告を非表示にする